▶︎ backnumberへ戻る

LINE株式会社のSMEパートナーシッププログラムに認定
予約台帳システム『ebica(エビカ)予約台帳』と「LINE グルメ予約」が連携します

  • プレスリリース
  • 2016.03.24

O2O サービスを展開する株式会社エビソル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 宏彰 以下、エビソル)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)の「SMEパートナーシッププログラム」に認定され、同時に、同社が運営するコミュケーションアプリ『LINE(ライン)』で展開する飲食店ネット予約サービス「LINE グルメ予約」と飲食店向け予約システム『ebica(エビカ)予約台帳』の連携を開始することを報告いたします。


「SMEパートナーシッププログラム」とは、LINEがユーザーと店舗との距離を縮めることを目的に、店舗向けWebサービスを提供している事業者を公式パートナーとしてサービス連携や提携店舗への導入促進を優先的に協力しておこなっていくというものです。
本認定を受け、エビソルは自社の持つ飲食店向けサービスの強化に向け、包括的な取り組みをおこないます。 まずはお店探しから予約の手続きまでを全てLINEアプリ上から行える飲食店予約サービス「LINE グルメ予約」と飲食店向け予約台帳システム「ebica予約台帳」の連携からスタートする予定です。


株式会社エビソル、LINE株式会社のSMEパートナーシッププログラムに認定予約台帳システム 『ebica(エビカ)予約台帳』と「LINE グルメ予約」が連携します


この連携機能は、LINE@加盟店でebica予約台帳をご契約の飲食店であればご利用可能です。(サービス開始予定日は7月です。)


『ebica予約台帳』は電話、インターネットからの予約の他、グルメ媒体経由の予約も一元管理できることで、 複数の予約経路を持つ大手飲食チェーンを中心とした導入企業さまより高い評価をいただいております。
「LINE グルメ予約」から入る予約についても一元で管理可能になることにより、管理の手間を削減するだけでなくオーバーブッキングなど予約事故の防止にもつながるようになります。


「LINE グルメ予約」を利用の飲食店は自店の空席在庫の効率の良い販売が可能となり、またLINEユーザーは飲食店の予約の利便性がより高くなります。


今後もエビソルは飲食店の集客手段の拡大と予約管理の強化につながるシステム連携に積極的に取り組んでまいります。



■LINE株式会社 会社概要
所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 27階
代表者 : 代表取締役社長 出澤 剛
設立日 : 2000年9月4日
資本金 : 125億9,619万円(資本準備金含む)
事業内容: インターネット関連事業・ウェブサービス事業(LINE、NAVER、livedoor)



■株式会社エビソル 会社概要
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿4-5-27 パティオクアトロ3階
代表者 : 代表取締役 田中 宏彰
設立日 : 2011年10月20日
資本金 : 292,873,000円(資本準備金含む)
事業内容: O2O(オンライン・ツー・オフライン)サービスを活用した店舗の集客支援


※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社エビソル 広報担当
電 話:03-4405-4041 / FAX:050-3156-3971 / メール:info@ebisol.co.jp