“体験”をアップデートして
社会に貢献する

“体験”をアップデートして社会に貢献する

エビソルは創業以来、オンラインサービスとオフラインサービスを融合して心地良い消費を創出することに取り組んできました。飲食サービスや観光サービスに独自のソフトウェアを提供することでクライアント企業の生産性を向上し集客力を高めます。また、国内外の多様なパートナー企業とのオープンイノベーションにより、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用して"体験"をより身近に魅力的にアップデートしていくことで社会に貢献します。
お知らせ

当社の取組に関する最新ニュースです

飲食OMO事業

予約管理の全自動化により
外食をもっと便利に心地よく

予約管理の全自動化により外食をもっと便利に心地よく

飲食店予約管理システム「ebica」は、業界初となるグルメサイトコントローラーや、空席データと連動したAI電話予約応対サービス「AIレセプション」により、全ての予約管理を自動化することができます。外食産業は顧客減少や人手不足など様々な課題に直面していますが、スタッフが接客や調理など「ヒトにしかできない仕事」に集中できる環境を創ることで、顧客の満足度を高め、スタッフの生産性を向上させます。今後も、ebicaに蓄積されたデータをAIやIoTなどのテクノロジーと融合させて、飲食サービスのアップデートを支援していきます。

インバウンド事業

日本の観光体験を輸出する
世界最大のOnline Ticket Agencyとなる

日本の観光体験を輸出する世界最大のOnline Ticket Agencyとなる

個人旅行の増加にともない訪日旅行客のニーズは多様化しており、旅先においても使い慣れた自国の観光情報サイトの口コミ情報を参考にしてお店や体験を探します。当社は海外の提携サイトと協力して各国の訪日旅行客のニーズを分析し、人気のお店や体験をチケット化して配信するサービスをはじめました。良質な"体験チケット"は旅行客の満足度が高く良質な口コミに繫がります。アフターコロナに向けて日本の魅力を"体験チケット"にして多くの訪日旅行客に届ける準備を進めていきます。

会社概要
社名 株式会社エビソル
ebisol inc.
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-5-27 パティオクアトロ3階
電話 03-4405-4041
代表者 代表取締役 田中 宏彰
設立日 2011年10月20日
資本金 5,974万6,500円(資本準備金含む:3億261万9,500円)
事業内容 O2O(オンライン・ツー・オフライン)サービスを活用した店舗の集客支援
お問合せ info@ebisol.co.jp
認証

プライバシーマーク

2013年3月プライバシーマーク認証

プライバシーマーク制度は、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備していると認めた企業にプライバシーマークを付与し、事業活動においてそのマークの使用を認めるもので、平成10年4月に財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)により創設・運用されている制度です。当社は、情報セキュリティ対策の実施や情報の適正な管理の徹底等を行うとともに、「個人情報」の重要性を鑑み、プライバシーマークの認証を取得しています。


アクセス地図
アクセス地図
・JR山手線 恵比寿駅東口から徒歩8分